話題のM1 MacBook Air購入したので口コミレビュー!速いよ!

2020年11月に発売されて、かなり良いと評判のM1 MacBook Airを買ってきました!

コジマ電気の吊るしモデルです(^^)

  • メモリ:8GB
  • GPU:8GB
  • SSD:512GB

一番下から2番目のモデル。

まずはざっくりと開封からご紹介していきますね。

各種アプリケーション類の検証は随時追加していきますのでお楽しみに!

目次

M1 MacBook Air 開封

まさにコジマ電気(笑)

最近のApple製品はこの手の箱が多い気がします。

箱から出すときのちょっとしたギミックが良いですね!クッション性も良さそうでホント感心させられます。

スッキリして良いですね。

このフィルムもスッと剥がします。

シンプルですね!これだけ!

USB typeCケーブル、アダプター、取説、ステッカー(シルバー)、リサイクルステッカー

画面と開くと立ち上がります

画面を開くと立ち上がります!

まだ保護紙が貼ってあります。

順番通りに登録してくと設定が完了!

カッコいいです♪

各種アプリのインストール

ここから各種アプリケーションのインストールをしていきます。

長くなるので別記事にしています。

Rosetta2のインストール方法

最初はRosetta2はインストールしないでどこまでいけるかやってみようと思っていました。が、最初からダメな事が判明!

Microsoft TeamsがM1 Macにネイティブ対応してなかった、、、(エクセルとか他は全部対応してるのに)

というわけでこの画面からRosetta2をインストールしました。他に方法あるのかな?

まぁ〜とりあえず壁にあたるまでは特に気にする事なく使えばOKって事ですね。

インストールをクリック

インストールが始まります。

パスワードかTouchIDでインストール完了!

自分のアカウントを選択します。

使用するアカウント選んで、パスワードを入れたらログイン完了です。

Rosetta2でのTeamsの使用感

ネイティブ対応しているアプリケーションに比べると、チャットやチームの切り替え等になんとなくもっさり感があります(-_-;)

でも今まで使っていたiMacと比べるとそれほど変わらない感じ。

ここはネイティブ対応を待つしかないですね。

話題のM1 MacBook Air購入のまとめ

発売から5ヶ月も経ちネイティブ対応しているアプリケーションも増えてきたので、特に問題なく動作しています。

ちょっと触った感じでは「かなり速い」です。

これからAdobe系のアプリケーションやMicrosoft365を実際に使った記事を追加していきますので、是非楽しみにしていてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる